素材に関するお問い合わせ
お問い合わせは法人様に限らせていただきます。

本社
06-6201-3801
東京
03-5294-2151

受付時間:9:00~18:00(平日のみ)

お問い合わせ

食品素材

ラカンカ(羅漢果)

咳止めとしても用いられる天然甘味料です。

ラカンカ(羅漢果)
素材名/英名 ラカンカ(羅漢果) / Arhat fruit
学名 Momordica swingle
応用例 咳止め、甘味料
成分 テルペングリコシド配糖体、水溶性食物繊維
使用部位 果実
原産国 中国
原生薬 1日目安量 10~15g
引用資料
試験実施状況 ・エームス試験(エキス)
・残留農薬試験
  剤形
粉末 抽出液 エキス エキスパウダー
販売名 ラカンカ末 - ラカンカエキス -
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存。 - 冷蔵保存 -
包装単位/荷姿 10kg - 1kg、10kg -
原生薬換算比 - - 2~4:1 -
抽出溶媒 - - -
原材料名 ラカンカ - ラカンカ -
最終商品への表示例 ラカンカ末 - ラカンカエキス -
アレルギー特定材料 - - - -
遺伝子組み換え - - - -
賞味期限 製造後未開封3年 - 製造後未開封2年 -
備考 中国産 - 中国産 -

ウリ科の多年生蔓性草本で、中国が原産で、生育条件が厳しいため、多くは広西省近辺で栽培されています。ラカンカは果実を乾燥したもので、黒砂糖に似たマイルドで芳香のある甘味があります。甘味成分は、テルペングリコシド配糖体で、甘さは砂糖の300〜400倍といわれ、腸では吸収されないために、ノンカロリーの甘味料といえます。水溶性食物繊維も豊富で、腸内のビフィズス菌を育て、大腸まで運ぶため、ビフィズス菌による整腸作用や腸のぜん動運動を活発にし、便秘の解消に役立ちます。咳止めの効果があるとされ、のど飴にも用いられています。活性酸素フリーラジカルは、ガン、脳卒中や心臓病などの現代病や老化を促進するといわれていますが、ラカンカにはこれらの疾患に効果があるともいわれています。

戻る

取り扱い食品一覧

このページの上へ