素材に関するお問い合わせ
お問い合わせは法人様に限らせていただきます。

本社
06-6201-3801
東京
03-5294-2151

受付時間:9:00~18:00(平日のみ)

お問い合わせ

食品素材

トウガラシ(蕃椒)

辛味香辛料として良く知られています。

トウガラシ(蕃椒)
  • ダイエット対応素材
  • 女性の悩み対応素材
素材名/英名 トウガラシ(蕃椒) / Chili pepper
学名 Capsicum annuum L.
応用例 ダイエット、血行促進、消化器官の活性化
成分 カプサイシン
使用部位 果実
原産国 中国、ジンバブエ、ウガンダ
原生薬 1日目安量 0.1g
引用資料
試験実施状況 ・残留農薬試験
  剤形
粉末 抽出液 エキス エキスパウダー
販売名 - トウガラシ抽出液T - -
保存方法 - 直射日光、高温多湿を避けて保存。沈殿が発生する場合が有りますが、品質には問題ありません。 - -
包装単位/荷姿 - 1L,10L - -
原生薬換算比 - 約0.1:1 - -
抽出溶媒 - 95%エタノール抽出 - -
原材料名 - トウガラシ、エタノール - -
最終商品への表示例 - トウガラシエキス - -
アレルギー特定材料 - - - -
遺伝子組み換え - - - -
賞味期限 - 製造後未開封2年 - -
備考 - 中国産、ジンバブエ産、ウガンダ産 - -

ナス科の植物で、南アメリカのアマゾン河流域原産です。熱帯では多年生低木となり、温帯では一年生草本となります。コロンブスがアメリカ大陸を発見した時に、タバコとともにスペインに持ち帰ったのがヨーロッパに流入した最初といわれています。日本には、ポルトガルからインド、中国を経て、1952年の秀吉の朝鮮出兵の際に種子が入ってきました。果実を乾燥させたものを蕃椒(ばんしょう)と称します。辛味性健胃薬として、食欲増進、消化促進、唾液分泌促進などの効き目があります。ただし、大量に摂取すると胃腸障害や腎臓障害を起こすことがあり注意が必要です。胃潰瘍の症状があるときは悪化させますので注意が必要です。皮膚刺激薬としても効果があり、腰痛、肩凝り、筋肉痛、リュウマチ、神経痛などに用います。

戻る

取り扱い食品一覧

このページの上へ