素材に関するお問い合わせ
お問い合わせは法人様に限らせていただきます。

本社
06-6201-3801
東京
03-5294-2151

受付時間:9:00~18:00(平日のみ)

お問い合わせ

食品素材

ギムネマシルベスタ

ギムネマシルベスタ
  • メタボリックシンドローム対応素材
素材名/英名 ギムネマシルベスタ / Gurmar
学名 Gymnema sylvestre (Retz.) Schult
応用例 ダイエット
成分 ギムネマ酸
使用部位
原産国 インド
原生薬 1日目安量 30~200mg(総ギムネマ散)
引用資料
試験実施状況 ・残留農薬試験
  剤形
粉末 抽出液 エキス エキスパウダー
販売名 ギムネマシルベスタ末 - - ギムネマシルベスタエキスパウダー
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存。 - - 直射日光、高温多湿を避けて保存
包装単位/荷姿 10kg - - 6kg
原生薬換算比 - - - 5~8:1
抽出溶媒 - - -
原材料名 ギムネマシルベスタ - - ギムネマシルベスタ
最終商品への表示例 ギムネマシルベスタ末 - - ギムネマシルベスタエキス
アレルギー特定材料 - - - -
遺伝子組み換え - - - -
賞味期限 製造後未開封3年 - - 製造後未開封3年
備考 インド産 - - インド産

ガカイモ科の蔓性の多年草で、インドや中国南部の東南アジアに広く自生しています。この葉を噛むと1〜2分で砂糖の甘味を感じなくなりますが、これは葉に含まれるギムネマ酸の作用によるものです。食物と一緒に摂取すると小腸からの糖分の吸収を抑制し、そのために血液中の糖分量が下がります(血糖値の低下)。また血糖値を下げるホルモンのインスリンの分泌を抑制し、膵臓の負担を軽くし、糖尿病の回復促進が期待できます。ある臨床実験の報告によれば、ギムネマ酸が糖の腸壁通過を妨げ、比較的軽症の肥満度の人に有効であり、経口の血糖降下剤と併用すれば重症の場合も血糖の上昇を防止するのに有効であるとされています。ただし、インスリン依存の糖尿病の場合は、低血糖の管理を十分に行う必要があります。

戻る

取り扱い食品一覧

このページの上へ