素材に関するお問い合わせ
お問い合わせは法人様に限らせていただきます。

本社
06-6201-3801
東京
03-5294-2151

受付時間:9:00~18:00(平日のみ)

お問い合わせ

食品素材

セイヨウエビラハギ(メリロート)

セイヨウエビラハギ(メリロート)
  • ダイエット対応素材
素材名/英名 セイヨウエビラハギ(メリロート) / Melilot
学名 Melilotus officinalis Lam.、Melilotus altissimus Tnuill.
応用例
成分 クマリン誘導体、クマリン及び配糖体、ケンフェロール
使用部位 地上部
原産国 ヨーロッパ
原生薬 1日目安量 3~30mg(クマリン)
引用資料
試験実施状況 ・エームス試験(エキスパウダー)
・残留農薬試験
  剤形
粉末 抽出液 エキス エキスパウダー
販売名 - - - セイヨウエビラハギエキスパウダー
保存方法 - - - 直射日光、高温多湿を避けて保存
包装単位/荷姿 - - - 8kg
原生薬換算比 - - - 3~7:1
抽出溶媒 - - - 35%エタノール抽出
原材料名    - - メリロート
澱粉糖類(30%)
カラメル(10%)
最終商品への表示例 - - - セイヨウエビラハギエキス(セイヨウエビラハギ、澱粉糖類)、カラメル色素
アレルギー特定材料 - - - -
遺伝子組み換え - - - トウモロコシ(遺伝子組み換え不分別)
賞味期限 - - - 製造後未開封3年
備考 - - - ヨーロッパ産

マメ科の草本で、ヨーロッパやアジアに分布しています。成分としては、クマリン誘導体、クマリン及び配糖体やケンフェロールなどのフラボノイド類を含有します。内用として、下肢部における痛みとだるさ、夜間のこむらがえり、かゆみ、及び腫脹のような慢性静脈機能不全による障害、血栓性静脈炎、血栓症後の症候群、痔疾患、リンパうっ滞の治療補助に用います。外用では、打撲傷、捻挫、皮膚表面の出血に用います。民間療法では利尿剤としても用いられます。動物実験では、傷の治癒促進の報告もあります。

カラゲナン誘発浮腫に対するクマリンの作用

セイヨウエビラハギ(メリロート)参考データ

ラットの足にカラゲナンによる浮腫を作り、実験物質を腹腔内投与した。その浮腫の大きさを経時的に測定したところ、消炎鎮痛薬であるフルフェナム酸にも匹敵する浮腫を抑える効果があった。

引用)Foldi-Borcsok E, Bedall FK, Rahlfs VW. Die antiphologistische und odemhemmende Wirkung von Cumarin ans Melilotusofficinalis. Arzneim-Forsch/Drug Res 1971;21;2025-30

●蓄積たんぱく質を分解することで、炎症性、うっ血性のむくみを軽減。
●静脈の血流改善
●リンパの流れを改善。

戻る

取り扱い食品一覧

このページの上へ