オリーブ葉

素材名/英名
オリーブ葉 / Olive
学名
Olea europaea L.
応用例
成分
オレウロペイン、オレウロサイド
使用部位
原生薬 1日目安量
2.4g
引用資料
試験実施状況
・エームス試験(エキスパウダー)
・ラットを用いる28日間反復混餌投与毒性試験(エキスパウダー)
・残留農薬試験
・栄養成分(エキスパウダー)

オリーブ葉とは

モクセイ科の常緑性の木本です。地中海地域が原産で、スペイン、イタリア、ギリシア、カリフォルニア、インド、日本では小豆島に産します。果実からはオリーブ油が取れます。果実、葉や果実から得られる油は食用や医薬品に、また石鹸製造などいろいろな用途に使用されます。成分としては、葉にオレオロピン、オレアステロールやレインを含有。降圧作用があり、循環系の機能改善への効果や穏やかな利尿作用があり、膀胱炎などの治療に用いられます。また血糖降下作用があり、糖尿病に用いられています。防腐作用、解熱作用や血糖降下作用があるとも言われています。

剤形 粉末エキスパウダー
商品名 (食品原料用)オリーブ葉末(食品原料用)オリーブ葉エキスパウダー
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存。直射日光、高温多湿を避けて保存。
包装単位/荷姿 10kg8kg
原生薬換算比 -3~5:1
抽出溶媒 -70%エタノール抽出
原材料名 乾燥オリーブ葉乾燥オリーブ葉、マルトデキストリン(1~4%)/微粒二酸化ケイ素(1~2%)、エタノール
最終商品への表示例 オリーブ葉末オリーブ葉エキス(乾燥オリーブ葉、マルトデキストリン)/二酸化ケイ素
アレルギー特定材料 対象外対象外
遺伝子組み換え 対象外トウモロコシ(遺伝子組み換え不分別)
賞味期限 製造後未開封3年製造後未開封3年
製造国 日本ドイツ
由来原料原産地 地中海沿岸地中海沿岸
メッシュサイズ
新規受注 受付中受付中
商品コード1 H10701C25F000G10701D01F000

参考データブドウ糖負荷ラットの血糖降下作用

24時間絶食させたラットにオリーブ葉の煎液を体重当たり0.5g/kg経口投与したところ、血糖値の降下を示した。
引用)Gonzalez M , et al. Hypoglycemic Activitiy of Olive Leaf. Planta Med 1992;58(6):513-5

参考データコラーゲンとの併用で肌の弾力性を大幅に回復

1:コントロール群

紫外線照射により皮膚の弾力性が低下


2:コラーゲン群

コラーゲン摂取により弾力性をやや回復


3:コラーゲン+オリーブ葉

オリーブ葉との併用により弾力性をさらに回復

参考データオリーブ葉エキスの紫外線B波照射によるマウス皮膚硬化および色素沈着に及ぼす影響