素材に関するお問い合わせ
お問い合わせは法人様に限らせていただきます。

本社
06-6201-3801
東京
03-5294-2151

受付時間:9:00~18:00(平日のみ)

お問い合わせ

事業への取り組み

素材の色調・品質は維持 ご要望の粒度に応じて調整加工

  • 殺菌受託加工とは
  • 高度な加工技術による殺菌効果
  • 品質を維持した刻み・粉末加工

品質を維持した刻み・粉末加工

優れた新加工製法

「衝撃粉砕」「気流式粉砕」「胴搗粉砕」「超低温粉砕」を使い分けることで、
素材の色調や風味を活かしたまま、加工します。
ご希望の粒度で調整加工いたしますので、お気軽にお申し付けください。

品質を損わない刻み・粉末加工

微細粉末加工の新製法
例:ヨモギ

繊維が残りやすい素材も、キメ細かく粉末に加工することができます。当社比

  • 従来法
  • 新製法
精油成分の減少抑制(超低温粉砕)
例:ウイキョウ

超低温粉砕での加工は、熱による変質が起きやすい
精油成分の減少も抑えることができます。

変色比較
例:モロヘイヤ

殺菌前と殺菌後で、素材の色に変化はほとんど
見られません。

素材に合わせた粉砕技術

18連丸型胴搗粉砕
・衝撃式粉砕機では、粉砕しにくい繊維質の多い素材にも対応可能です。
・時間を掛けて徐々に粉砕していくので、発熱による成分損失を最小限に抑えられます。
18連丸型胴搗粉砕

18連丸型胴搗粉砕

衝撃式粉砕
・衝撃、剪断、摩擦により粉砕します。
・多量の空気を吸引しながら粉砕を行うので、冷却効果があり発熱を最小限に抑えられます。

衝撃式粉砕

超低温粉砕
・液体窒素を使うことにより超低温状態を作り出し、常温では粉砕できない素材を容易に粉砕することができます。
・粉砕時の発熱・酸化による劣化を防ぎ、食品・香辛料などは味や香りが損なわれません。
・刻み専用の殺菌機です。
・多数のブレードを持つ衝撃型粉砕機構とユニークな分級機構を内蔵し、任意の粒度に粉砕・分級します。

超低温粉砕

このページの上へ